facebook facebook

委員会活動

プロフェッショナリズム・行動科学委員会  Professionalism and Behavioral Science Committee

日本医学教育学会
倫理・プロフェッショナリズム委員会
「ユネスコ生命倫理ケースブック」翻訳版

翻訳の経緯と目的

この度、倫理プロフェッショナリズム委員会は、全国医療関連学生および医療専門職に対する生命医療倫理教育を促進することを目的に『ユネスコ生命倫理ケースブック』(Casebook on Human Dignity and Human Rights (Casebook Series, No. 1, 2011)およびCasebook on Benefit and Harm (Casebook Series, No. 2, 2011)を翻訳しました。翻訳作業にあたっては、委員会メンバー以外の20名以上の方々の協力を得ています。

Book 1『人間の尊厳と人権』とBook 2『利益と害』には計63の実際の事例が掲載されています。いずれも世界各国の高等裁判所または最高裁判所レベルで審議されたケースで、関連する倫理的問題が明確に提示されています。各事例には症例提示、倫理的問い、賛否両論、裁判所判決、そして倫理的考察が簡潔に記載されており、臨床現場および臨床研究に関わる生命・医療倫理の学習と教育に非常に役立つものになっています。様々な国の事例が、歴史的な意義が高いものも含め取り上げられ、本領域の知識を高め、理解を深めることができるでしょう。また従来の症例集にはない問題に関わる事例も少なくありません。さらに倫理原則を用いた厳密な議論に触れることもできるでしょう。

初学者にも生命医療倫理領域の教育研究者にも十分に役立つ内容と構成になっているので、自己学習、有志の勉強会、そして授業やセミナーの題材に活用いただければ幸甚です。

2013年5月
監訳担当 浅井篤、板井孝壱郎、大生定義、後藤英司



Book 1 『人間の尊厳と人権』

Book 2 『利益と害』

J-STAGE

J-STAGE

認定医学教育専門家資格制度

一般社団法人 日本医学教育評価機構(JACME)

第30回 日本医学会総会 2019 中部

▲ TOP