facebook facebook

お知らせ

平成30年8月7日

東京医科大学医学部医学科入学試験における
特定の受験生への便宜供与に関する日本医学教育学会理事長声明

日本医学教育学会理事長
鈴木康之

 東京医科大学医学部医学科の一般入試において、同大前理事長と元学長が、同大を支援事業の対象校に選定するよう依頼した見返りに、文部科学省幹部官僚の子息を不正合格させたとされる事件が明らかになりました。
 現在、捜査中ですが、これが事実であるとすれば、入試の段階で不正があったことになり、このことは社会の医学教育に対する信頼、ひいては医師への信頼を大きく揺るがしかねず、日本医学教育学会としては大変遺憾に思います。
 すべての医学教育機関にとって、入学者選抜試験を公正な方法によって適切に実施し、教育を通じて優れた医師を養成することが責務であり、今回の事件に対して危機感を持って当たらねばなりません。
 東京医科大学自身による真相の究明はもとより、当局による厳正な捜査と厳格な対応を求めたいと思います。

第50回日本医学教育学会大会

J-STAGE

J-STAGE

認定医学教育専門家資格制度

一般社団法人 日本医学教育評価機構(JACME)

第30回 日本医学会総会 2019 中部

▲ TOP