「卒後医学教育(PGME)の質的向上のためのWFMEグローバルスタンダード(2015年改訂版)」
「CPDの質的向上のためのWFMEグローバルスタンダード(2015年改訂版)」
日本語訳のリリースについて

2017年5月27日
日本医学教育学会 第18期臨床研修委員会
第18期生涯教育委員会

 世界医学教育連盟(the World Federation for Medical Education:WFME)の「医学教育の質的向上のためのグローバルスタンダード(Global Standards for Quality Improvement of Medical Education)」三部作、すなわち医学教育における、卒前医学教育(BME: Basic Medical Education)、卒後医学教育(PGME: Postgraduate Medical Education)、CPD(Continuing Profession Development)の3つの段階のスタンダードが公表されています。このうち卒前医学教育については、日本医学教育評価機構から「医学教育分野別評価基準日本版」として公表され広く認識されるに至っています。今後、「シームレスな医学教育」の観点から、我が国においても卒後臨床研修、専門医研修、生涯学習といった段階においても、その質的向上のための基準に基づいて評価と継続的改良を図ることが望まれます。今回、臨床研修委員会では卒後医学教育の質的向上のための、生涯教育委員会ではCPDの質的向上のためのWFMEスタンダードの日本語訳に取り組み成果物を作成し、WFMEの許可を得て公表するに至りました。なお原著についてはWFMEのWEBサイトにて入手可能となっています。
日本語訳についてご意見などありましたら、学会事務局までお寄せください。